これからの季節の柿渋のチカラ

こちら京都南部の木津川市は、朝晩がめっきり寒くなってきました。

今週から一気に装いも長袖となりました。

…となると、ひんやり感が売りの柿渋染めは…、

いえいえ、敷パッドもシーツもそのままお使いください。

その上にちょっとシーツを一枚掛けて寝ると、

「ホッコリと身体の温もりを包温」してくれます。

本来からだが持っている機能で、身体が自然とあたたまるように

動いてもらうことで、代謝機能もアップするのです。

その手助けを柿渋にしてもらうという原理ですね。

今月27日の柿渋・カキタンニン研究会の講演会でも、

柿渋の効能を知る良い機会です。

よろしかったら、秋のお出かけに加えてみてください。

 


▲ ページのトップへ