ホームページ日記

今年は新作ラッシュです!

節分・立春も過ぎ、いよいよ虫も活動を始めた春が来ました、というのも、

我が家には、もう、かなぶんさんが蛍光灯の周りをブンブンと飛んでいらっしゃって(笑)。

 

さて、あと2週間後には東京での知恵産業フェアが控えており、ハウスは慌ただしくなってまいりました。

新作を考え付くのはいいのですが、それを商品という形にするのに、大変な時間と縫製する方の手間暇がかかっております。

出来上がっては、「ここはもうちょっとこうした方が、、」と何回も店長のこだわりのダメ出しが飛ぶのです。

これだけの手間暇がかかれば、出来上がった時の喜びはひとしおです!

皆様のお手元に届く品物には、たくさんの経緯と歴史が詰まっていることに思いを馳せて頂くのも、

もしかしたら癒しのひとつと成りうるかもしれませんね、、。

そうあることを祈って、、、感謝。    2017.2.10

新年のご挨拶

頌春 

あっという間に年を越してしまいましたが、皆様には健やかなる年越しであったこととお慶び申し上げます。

昨年は、当店にとっては飛躍のヒントだらけの一年でございました。

今年は、それを少しづつカタチにしていく一年となるようです。

新年より発売のお昼寝セットもしかり、もうすぐ皆様にお伝えできる新製品も準備を進めております!

とにかく速足で前へ前へと進むのが店長ですので、おのずとお店もそのように…。

2017年は、進化した”柿渋ハウスみます”をご期待ください!

それでは、皆様にとって、また一年が素晴らしい一年となりますように!

これからの季節の柿渋のチカラ

こちら京都南部の木津川市は、朝晩がめっきり寒くなってきました。

今週から一気に装いも長袖となりました。

…となると、ひんやり感が売りの柿渋染めは…、

いえいえ、敷パッドもシーツもそのままお使いください。

その上にちょっとシーツを一枚掛けて寝ると、

「ホッコリと身体の温もりを包温」してくれます。

本来からだが持っている機能で、身体が自然とあたたまるように

動いてもらうことで、代謝機能もアップするのです。

その手助けを柿渋にしてもらうという原理ですね。

今月27日の柿渋・カキタンニン研究会の講演会でも、

柿渋の効能を知る良い機会です。

よろしかったら、秋のお出かけに加えてみてください。

 

爽やかな秋がおとずれましたね~♪

先日は、大丸京都店での催事に、たくさんの方のご来場を賜り、心より御礼申し上げます。

10月は、JR京都伊勢丹にての催事に初出展させて頂きます。

毎回、いろんなお客様に出会えること、ワクワクドキドキでお待ちしております。

開催期間を楽しく過ごせることは、この上ない喜びであり、感謝しかございません。

ひんやりが売りの柿渋染めですが、今からの季節には、もうひとつの柿渋のチカラ!

「ホッコリと身体の温もりを包温します」

寒い季節も柿渋染め寝具で快適な生活をお過ごしいただければ、幸いです。

イベント

残暑厳しいですね、、台風もたくさん来る季節になりました。

台風がくると、気温も少し下がり、風も心地良いですが、湿気も運んできます。

ですが、我が家は快適です(笑) 敷パッドをラグマット代わりに使っているので、

さらさらな手触りに加え、空間もきれいになってるように感じます。

あ、今回はイベントの事を書こうと思ったのでした、、(^^;)

東京の「匠の箱」さんでは、台風もお越し頂き(笑)、店長大変だったようです。(店長おんとし8◯才なのに、すごいです!)

お越しいただいた皆さん、足元のお悪い中、またお暑い中、ありがとうございました。心より感謝いたします。

また来年お会い出来れば嬉しいです(^^)<店長より>

さて9月は京都で大丸京都店のイベントに参加させて頂きます!

「イベント情報」を見て、見学くらいの気持ちでお越しくださいませ。店長のお話も聞いてみてください。

お待ちしていま~す♪

暑中お見舞い申し上げます

今回は、従業員の日記です

今年の夏も炎暑となってきました、、
”快眠”とひと口にいいますが、
柿渋には不思議な力があるもので、
ひんやりを感じる前に、この色を目にした時の
なんとも癒される感じはなんなんでしょう、、
部屋のドアを開けた瞬間に目に入る柿渋色、、
ほーーっと安堵の気持ちが湧いてきます
そして腰をおろすと、肌に触れてひ~んやり、、
快眠導入グッズのようです(笑)
この心地良さを伝えたい、、益々そう思うこの季節です、、

花粉と柿渋染め

花粉の季節がやってきました。冬の寒さから解放され、梅の花が咲き出した春一番、戸外に出
かけたくなる今日この頃ですが、その気分を辛くさせるのが❝花粉❞です。春先はスギ花粉が
多く目には見えない大きさ、直径0.03〜0.04ミリ程度で身体のどこに、どれほど付着
しているのか判りません。鼻や目に付着すると個人差はありますがアレルギー反応を起こし鼻
水、鼻づまり、くしゃみ、目のカユミなどの症状がでます。
外出後は住まいに花粉を持ち込まないため頭から足先まで花粉が付いていることを想定し、ブ
ラシなどで払い落してから入ります。静電気が発生するためなかなか落ちてくれません。粘着
性テープなどで取る方法がありますが結構面倒です。
「柿渋Houseみます」の❝柿渋染め❞は綿布などにたっぷりと柿渋を浸透させて染め上げている
ため静電気防止効果で花粉や微細なホコリなどが付着しにくいのでお手入れが簡単、常に衛生
的な状態でご使用いただけます。

もうすぐ夏がくる! 父・母に喜ばれる ❝健康と快眠の贈りもの❞

節分・立春も過ぎ、いよいよ春の季節、柿渋染めの季節が来た(と言っても暦の上の事でまだ
未だ寒い日がありそうですが)と心が締まる思いです。さて社会の動きを観れば、外国観光客、
特に中国からの観光客(爆買い)に今年も支えられるのであろうか。我々日本人は何処を目指
し、活動しようとしているのでしょうか。メディアは高齢化社会の関心事として一時の愉しみ
を味わうイベント、小旅行、グルメ、趣味や教室の報道が多い。そんな中で我店は伝統産業の
「柿渋染め」を新しい切り口で更に発展した❝柿渋染め寝具❞に挑戦して行きたい・・・・と
今年の恵方(南南東)に向かい巻寿司を力一杯ほおばりました。

ためしてガッテンでも紹介された柿渋(柿しぶ)でノロウイルス予防

ノロウイルスの対処策と予防法について

ノロウイルスを原因とする食中毒および感染性胃腸炎は全世界に広がっており、
日本国内でもここ数年乳児・幼児を中心に保育園や幼稚園で爆発的に広がっています。
今年2015年には新型のノロウイルスが確認されており、
高齢者の方が感染した場合には死亡する可能性もあります。
ノロウイルス
<出典元:兵庫県庁>

技術が進化した今現在でもノロウイルス感染に対する有効な治療法はなく、
対処法は、十分な水分の補給と睡眠をとることで自分の力で解決するしかありません。
予防法として、食材等の加熱処理(85℃以上,1分間)や塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム等)、
ヨード剤(ポピドンヨード等)、アルデヒド剤(グルタラール等)などによる消毒が挙げられていますが、
人体に有害なものもあり厳格な取扱いの注意が必要です。

ノロウイルスの新たな予防策

予防の難しいノロウイルスの新しい予防策として、
柿渋が効果があるとNHKの「ためしてガッテン」で紹介されました。

番組では、カキタンニンによる消毒液を紹介されており、
カキタンニンはタンパク質を凝集させる性質があり、
実際に99.9%消毒できたという研究結果がでています。
消毒液の作り方は以下のサイトを参考にください。
http://kinyanpu.hatenablog.com/entry/2015/12/09/211622

柿渋の抗菌効果により、肌に衛生的で、防臭効果も大きい。黄色ブドウ球菌の培養実験では、
柿渋染めを施していない敷布は培養後の生菌数が600倍に増加するが、柿渋染めを施した
敷布では800分の1に減少するデータがえられています。

お得な贈り物 柿渋染め、柿渋染め寝具プレミアムのお知らせ

柿渋Houseみますの柿渋染め、柿渋染め寝具をお得にお買い求めできます。
!!柿渋染め、柿渋染め寝具に京都府プレミアム付き商品券が付きました。!!
当店が「わくわく地域文化振興券」取扱店に選ばれました。「わくわく地域文化振興券」は
きょうとベンチャー応援のテーマで発行するプレミアム付き商品券でプレミアム率20%の
お得な商品券です。額面6,000円分を5,000円でどなたでも1人様20,000円まで予約購入で
きます。購入申込は第一回締切が平成27年11月23日(月)、第二回締切が平成28年1月22日
(金)までで申込方法は二つです。
1.WEB(パソコン・スマートフォン)の場合:わくわく地域文化振興券のホームページから
  https://www.kyotofu-p-portal.jp/wakuwaku/ にアクセスしてください。
2.ハガキの場合:わくわく地域文化振興券事務局宛にハガキ(当店にあります)を投函
お問合せ:わくわく地域文化振興券事務局 TEL:075-284-2841
使用期間:平成27年12月1日(火)〜平成28年1月31日(日)
是非この機会に、柿渋Houseみますの柿渋染め品、柿渋染め寝具をゲットしてください。


▲ ページのトップへ