会社案内

2017年 会社コンセプト <柿渋の秘めたるチカラ>が、今年、さらに現代に活かされる。かんじてみよう・きょうとの・しんかんかく・ぶらんど・はいくらすな・うるおいを・すこやかに・みらいへつづく・まいのちの・すてきなくらし

picture-01  

柿渋の三大産地のひとつ、京都山城・木津川市にあります創業明治5年の柿渋メーカー株式会社 三桝嘉七商店のグループ店として、平成18年3月に「柿渋Houseみます」 を設立。
山城特産「柿古渋」と店主の開発した「顆粒柿渋」で染め上げた今までにない「肌にやわらかな風合い」を特徴とした柿渋染寝具類の製造販売を行っています。(平成24年度京都エコスタイル製品認定 京都エコ・エネルギー推進機構)

家業の三代目として柿渋造りを学び、原料柿の苗木づくりから、柿農園の育成、すべて自分の手で育て、60余年柿渋一筋に励んでいます。

代表:三桝武男 従業員:3名

img-process

みますの京柿渋染

京都・山城特産「柿古渋」と店主が開発した「顆粒柿渋」で染め上げた本製品は、今までにない肌にやわらかで優しい風合いが特長です。四季を通じてホッコリと清爽感、特に夏季には冷涼感を発揮し、汗をとり、抗菌防臭効果により、常に肌に衛生的です。本品は静電気防止効果で花粉や微細なホコリなどが付着しにくいので、頻繁に洗濯する必要がなく通常は水洗いで充分、洗濯の回数も減らすことができます。洗剤の節減もでき、環境保護に貢献し、電気代の節約など省エネに寄与します。

柿渋〔柿タンニン〕の働き

抗菌防臭効果 柿渋の抗菌効果により、常に肌に衛生的です。黄色ブドウ球菌の培養実験では、柿渋染めを施していない敷布は培養後の生菌数が600倍に増加するが、柿渋染めを施した敷布では生菌数は800分の1に減少するデータが得られています。

消臭効果 悪臭成分を中和、包括、分解して消臭効果を発揮し、室内空気を改善します。また、口中の消臭・清涼剤としてガムやグミキャンディーなどの食品にも利用されています。更に、体臭・加齢臭・ペット臭などに消臭効果を発揮しますので、生活環境の改善に利用されています。

シックハウス対策 柿タンニンは、ホルムアルデヒドを吸着・除去し、室内環境を改善します。

会社概要

 

商号 柿渋Houseみます
所在地 〒619-0217 京都府木津川市木津町宮の内9番地
TEL 0774-39-7428
FAX 0774-39-8028
Mail kakishibu-house@mimasu.net

遠くて近いかな(奈良市の北隣の町)

京都府木津川市 柿渋Houseみますへ是非一度お越しください。 京柿渋染め製品を展示しております。綿100%端切れもありますのでお選びください。即売もしております。 おいしい宇治茶を飲み交わしながら柿渋の涼しい今昔話でひとときを癒していただければ幸いです。お待ちしております。

店主 三桝 武男

ご来店の節 前もってTel:0774-39-7428にお電話下されば幸いです。
駐車場あり JR木津駅より徒歩12分 タクシーワンメーターでこられます。

(“いずみホール前のみますの柿しぶやさん”とお伝えください。)

営業時間:8時30分~17時00分(日、祭日休業)

  周辺地図  

» Googleマップで見る  

京都エコスタイル製品認定商品

みます顆粒柿渋/柿渋染め掛ふとん・敷パッド・枕カバー・座ぶとんカバー・座布マット・くつ下等 SuzushiinDA®製品

profile_img_01
平成20年度京都 エコスタイル製品 みます顆粒柿渋
profile_img_02
平成24年度京都 エコスタイル製品 柿渋染め敷布・敷パッド・枕カバー・くつ下等
 

商品開発の経緯 ~店主の想い~

柿渋を生業としている私にとりまして先人が築いてこられた柿渋を日本の文化として未来に継承することは大切な使命であると考えています。家業の三代目として柿渋造りを学び、原料柿の苗木づくりから、柿農園の育成、すべて自分の手で育て、60余年柿渋一筋に励んでいます。

江戸時代から伝承されてきた豊富な先人の智恵と貴重な使用経験を大切に、ニーズにマッチした柿渋染め製品を多くの方々に実感して頂く事が柿渋文化の継承につながると信じ、柿渋の新しい商品化に取り組んでいます。

従来の液状柿渋で染めた綿布はゴアゴアした硬さに染まっていましたが、試行錯誤の末、渋味成分の多い「天王柿」から搾汁した「柿古渋」と、私が開発した顆粒柿渋「平成20年度京都エコスタイル製品認定品」で染めた製品は、やわらかく肌に優しい風合いの柿渋染めに仕上げることができました。

柿渋の「秘めたるチカラ」を実感して頂ければ嬉しいです。


▲ ページのトップへ